現在、研究中の課題

 

研究対象となる課題暗記するしかない」「日本の既成概念」とされてるものになります


 

 祈願文mayが用いられる理由

May you be happy 
「あなたが幸せでありますように!

 

なぜ、助動詞may祈願文(神様にお願いする)に用いられるのか?

研究開始日 進捗状況 難易度
2023年〜 50%

疑問を解決しテキスト制作に至った質問集(一部公開)

take a shower 「シャワーを浴びる」

take a shower シャワーを浴びる

 


動詞にtakeとるを使う理由
shower直前のa冠詞)の意味

 

同時にtake a bath「お風呂に入る」take a walk「散歩する」等を説明する必要があるので、
シャワーは「手にとって使う」からtake という解説にはしません

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2001年 約4ヶ月

 

put on「身につける(着る)」

put on身につける(着る)

 

動詞に putを使う理由とon意味合い 

 

putは「置く」という意味。 と決めて付けてしまうと解けません

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2001年 約1ヶ月

 

make a trip「旅行する」

make a trip旅行する

 

なぜ、動詞にmake作る」を用いるのか?

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2002年 約3ヶ月

 

TV と the radio(無冠詞と定冠詞)

*watch TV
*listen to the radio

 

なぜ、「TV無冠詞で 「radioは定冠詞 theが付くのか?

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2002年 約7ヶ月

 

do my homework「宿題をする」

do my homework 「宿題をする」

 

homeworkmy所有格)が必要な理由

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2002年 約1ヶ月

 

100 dollars /100 yen

* I have 100 dollars.
* I have 100 yen.

 

yen(円)がdollars(ドル)のように複数形にならない理由

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2002年 約1ヶ月

 

Some/Any

Some否定文Any変化する理由

 

・He has some water.
・He doesn't have any water.

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2003年 約1年

 

at home「家に」

 

*Tom is at home .
「トムは今、家にいる」

 

なぜ、in homeと表現するのは間違いなのか?

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2003年 約1ヶ月

 

S+V+O1+O2(第4文型)@

* I gave him a present.

 

O1が 人(him)
O2が 物(a present)となる理由

 

という語順ではダメな理由)
 I gave a present  him
        

         

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2003年 約3ヶ月

 

S+V+O1+O2(第4文型)A

 *I gaveapresent  to him

 

O1 人(him)O2 物(a present)を入れ替えるとO1 人(him)の直前に前置詞(to)が登場する理由

 

 

         

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2003年 約3ヶ月

 

疑問文(倒置)

Is Tom  free?

 

なぜ、疑問文主語動詞入れ替わるのか?

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2003年 約1ヶ月

 

最上級

同一人物内において他の部分(時点)と比べていちばん〜という意味合いの文では最上級theを付けない理由

 

・This lake is deepest at this point.
「この湖は、この地点が最も深いです。」 

 

deepestの後にone(s)があるとかないとかという解説ではありません

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2003年 約1ヶ月

 

仮定法 If S should「万が一」

* If he should come here, I will let you know at once.
万が一 彼がここに来たら、すぐに知らせます」

 

仮定法の文でshouldを用いると万が一という意味合いになる理由

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2004年 約3ヶ月

 

Congratulations on 〜「〜おめでとう」

Congratulations on your graduation.
 「
卒業おめでとう」  

 

Congratulations複数形でなくてはならない理由
前置詞にonを用いる理由

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2005年 約9ヶ月

 

set off 「出発する」

set off 出発する

 

set(動詞)+ off(前置詞)の組み合わせで
出発する」という意味合いになる理由

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2005年 約2ヶ月

 

助動詞/will

助動詞のwillが「習慣・習性」 の意味合いを持つ理由

 

・Tom will often stay up late.
「トムはよく夜ふかしする(習慣がある)」

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2005年 約3ヶ月

 

助動詞/will

助動詞のwill拒絶・頑固な意思 の意味合いを持つ理由

 

・Tom will have his own way.
「トムはどうしても我を通そうとする

 

 ・The door won't open.
「そのドアはどうしても開こうとしない

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2005年 約1ヶ月

 

at once「すぐに」

・Come here at once .
すぐにここに来てください」

 

at(前置詞)と once の組み合わせで「すぐに」という意味合いになる理由 

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2007年 約2ヶ月

 

at a loss「途方に暮れて」

・Tom is at a loss.
「トムは途方に暮れている」

 

 at(前置詞)と a loss の組み合わせで「途方に暮れて」という意味合いになる理由

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2015年 約4ヶ月

 

so to speak「いわば〜」

so to speakの組み合わせで「言わば」といった意味合いになる理由
(フレーズの構造の解明 )

 

@ He is, so to speak, a human robot. 
 「彼は 言わば ロボット人間である」

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2017年 約1年

 

否定の倒置に関する疑問

norの直後の文に倒置が起こる理由

 

@ He can't do it, nor can I.

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2018年 約2年

 

soとても)とveryとても)の違い

I was too tired to walk any farther.
→ I was so tired that I couldn't walk any farther.

 

この書き換えでsoの代わりに very使えない理由

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2001年 約2ヶ月

 

quite a few(little)

quite a few相当数の(多数の)」 /quite a little相当量の(大量の)

 

なぜ、quite相当の」 を置いただけで a few(少数の)/a little(少量の)の真逆の意味合いになるのか?

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2010年 約4ヶ月

 

冠詞(固有名詞に付くthe)

The Sea of Japan (日本
The Amazon River(アマゾン
The English Channel(イギリス海峡
The Suez Canal(スエズ運河)

 

*通常は固有名詞にTheを付けることはありませんが
海峡運河」の固有名詞にはthe付ける理由

 

*一方、「」の固有名詞はthe付けない理由
Lake Biwa(琵琶
Lake Victoria(ビクトリア

 

「海・川・海峡・半島・砂漠のように形が不明確である場合にtheを付けます」という解説ではありません

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2008年 約8ヶ月

 

If only〜(仮定法)

If only I could buy the car.
「その車が買えたらなぁ・・」

 

*なぜ、onlyが登場するのか?

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2010年 約2ヶ月

 

let alone A「Aは言うまでもなく

I don't have a  car, let alone an airplane
「私は、飛行機は言うまでもなく、車も持っていない」

 

*なぜ、let alone A という表現が「A は言うまでもなく」という意味合いとなるのか?

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2020年 約6ヶ月

 

go on a trip旅行に行く」

go on a trip旅行に行く」

 

前置詞にon接触を使う理由
onが持つ「継続」「活動中」とか「目的」という意味合いが関係しているという解説にはしません
trip直前のa(冠詞)の意味
tripの代わりにtravelが使えない理由
travel「旅行」が名詞として使われるのは稀だからという解説にはしません

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2004年 約2ヶ月

 

 at will 意のままに(自由自在)』

* Lucy is an actress. She can cry at will.
「ルーシーは女優です。彼女は意のままに泣くことが出来ます。」

 

 

前置詞であるat will(意志・意思)の組み合わせで
意のままに(自由自在に)」という意味合いになるのは何故か?

 

テキスト制作過程の記録

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2022年 約1ヶ月

 

 mayかもしれない」の確率は本当に50%なのか?

It may rain tomorrow.
「明日は雨が降るかもしれない

 

助動詞mayが伝える推量確率)は誰に聞いても例外なく50%とされていますが、仮に50%の確率だとすると必ず「ある矛盾」が生じてしまいますmayが伝える本当の確率は何%か?

テキスト完成 解決までの期間 難易度
2022年 約1ヶ月

上記のような問いに対しては十分な解説がなされずに、結局は「暗記しましょう」といった感じで雑に扱われていることがほとんどです。せっかく生徒さんが疑問に思って質問したにも関わらず「理屈抜きに暗記しましょう」と指導すると途端に英語への興味を失わせてしまいます。よって、この種の問いに対して答えを出すことはとても大切だと考えています。しかし、この種の問いにはこれといった明確な答えが存在しないことが多く、それに答えをひねり出す過程では Put Two and Two together(これまで見聞きした経験から推論する)を繰り返し、その様々な推論からCream off(良い所だけを抜き取る作業)をしながら、出来るだけ問題の本質に近づいて、独自の答えを模索します。独自の答えの中には真の答えでないものもあるかもしれませんが、生徒さんがその解説を聞いて「なるほど!」と納得し記憶に強く残るように工夫しております。